光り輝く場所へ

きらきら輝く、アイドルをリスペクト。NEWS/Jr.//

どうしても 譲れない渡せない夢

2016年5月22日夜の部 シアタークリエ、Love-tuneのジャニーズ銀座に行ってまいりました。

 

当たったら奇跡と思っていた、クリエ。今回はまさかの当選をし参戦してきました。チケットが届いたら前列上手通路側・・・美勇人さんベースの時はほとんど上手だし、なにこれやっば。行かないなんて選択肢はない!誰に見られるわけでもないのにマツエクを付け直し、ネイルに行き、カラーカットも終え、東京へ向かう準備を進めました。

 

そこで前日に飛び込んできた、メンバーが増えているという速報。ソロもなくなりみゅうたろうも無くなっているという事で気分は最悪でした。(翌日の昼公演は愛を叫べもなくなっていて楽しみがだんだん減っていく・・)

 

だって、これまで長年頑張ってきた4人での初めてのライブです。

安井くんにとっては初めてのグループ。「Love-tuneって呼ばれるの嬉しいから」ファンの前で嬉しそうに言っていたという、安井くん。これからきっと長い時間をかけて、先輩であるエビキスや、Snowmanのように大切に大切に育てていってくれてに違いないと思うんです。また歴が長くて、何度もくじけそうになって、でもやめる事なんて出来なくて、夢のその先を見続けてきた4人だから。真田くんには野澤くんがいます、美勇人にはトラジャが。今回のグループ結成について安井くんや萩谷くんだって思うところはあったはずです。でもいろんなジレンマを抱えながら、デビューに向けて前を向くしかない、と。歌い上げたHeavenly Psychoは胸に響くものがありましたし、このグループを応援したい!と思ったんです。

 

ここにきてのグループの増員は、正直「は?」と思ってしまいました。

 

そして、そんな複雑な気持ちをいろいろ抱えながら東京へ向かいました。

 

はじまったLove-tuneのシアタークリエ。当日から諸星くんがオープニングから参加する形になっていました。でもメンバー紹介は4人だけ。その後顕嵐ちゃんと長妻くんが登場し、紹介の仕方もすごく曖昧なまま進んでいきました。4人のままでLove-tuneなのか、7人に正式になったのか。最終の曲もSEVEN COLORSでもう本当に腑に落ちない。今もモヤモヤがずっと残っています。

 

でも、すごく楽しかったんです。4人のLove-tuneが大好きなんだけど、正直長年ジャニーズを応援してきた身としては、スター性のあるキラキラ男子がいない、と感じていた部分が正直ありました。山下さんや、山田くん、勝利くんのような。

今これだけのJr.が一線で活躍していて、どの子がデビューしても驚かない状況です。その中でパフォーマンス力はピカイチだと思っていますが、スター性がいまいち感じられない。(わたし自身塩顔系男子が大好きなので、4人ともイケメンだと思っているんですけどね!!)

 

7人構成のLove-tune。すごく良かった。メンバー増員なんて嫌だ嫌だと言いながらクリエに向かったので、正直とっても悔しいんですが。

 

顕嵐ちゃんと長妻くんがセンターで歌い上げる曲がありました。その周りを他のメンバーが囲っている姿が美しすぎて・・ああ、すごい、このグループ売れる。そう思いました。すごくしっくりきたんです。

 

顕嵐ちゃんは少し干され気味であったと思います。一時期はドラマの主演もし、恋人にしたいJr.でも上位だった、なのに。最近は少クラにも呼ばれない。姿を見る機会が激減していたように思います。

 

長妻くんもそうです。月9に出た後、もっともっと推されていくであろうと思っていたのに、その後特に目立った活動もなく、あれ?っと思っていました。

 

でも、それはこのためだったのか!と思ってしまうほどにLove-tuneに入った二人は輝いていたんです。納得のメンバー加入でした。

 

あとは諸星くんの扱いをはっきりさせないと。長妻くんはピアノが、顕嵐ちゃんはギターができます。バンドで踊れる、それがLove-tuneの醍醐味です。正直タンバリンはどうかと思うんですよねえ・・。決して諸星くんが嫌いとかではありません。むしろ好きなんです。

 

盛り上げ隊は確かに必要ですが、あのノリが通用するのはジャニオタの前でだけ。もしデビューして、オタク以外の人が見る機会が増えれば「?」となるのは目に見えています。あの人いるの?と。そんな風には絶対なってほしくないんです。

 

安井くんは、今回の公演で「Love-tune」という言葉はあまり出さずに、前だけを見て進んでいくと何度か宣言しました。

 

きっと急なメンバー増員?で定まっていない事が多々あるんだと思っているのですが・・。ぐだぐだ考えながら、書いてしまったので、気を悪くされた方がいたら申し訳ありません。

 

なんだか色々と衝撃が大きすぎて、まだ気持ちがグラグラしていて。うまく文章がまとめられません。次回の少クラの収録と最終日が、第一の答えなのかな。

 

 

何度も 何度も あがいて

何度も 何度も 信じて

諦めようとしてでもできなくて

泣きそうになって堪えてきたんだ